the ore-diary

Sakurai Misuzu's Sex And The City
<< 6冊中5冊がそれである | TOP | プロ野球開幕!!!! >>
the MADRASのレコ発行った
切腹用の四畳半って…11月のメンツと同じ(11月14日の日記)だったので告知見た時に「アレ?未来のイベントなのに既に行った覚えがある…!?」となり自分が時間を操る能力者なのではと勘違いしたハッピーな頭の持ち主が俺である(予知能力、デジャヴ、過去へ戻った等)。

というかまたも現場で最初に見つけた知り合いがミハ君であったことから、やっぱりコレは四畳半神話大系的な俺の4ヶ月間のやり直しなのだろうか。

・クライフ観た。最近やってない曲をいっぱいやってくれた。もう俺は決めた。6月のワンマン行く。

・46°halo観た。こんなに早く次回のライブが観られるとは前回は思っていなかったぜ。
・なんとロボ公やってくれた。
・次回の東京は5月21日(高円寺High)とな!!!! もう! アタシのカラダはひとつなのよ!!!(高円寺と下北沢と台北でバッティング)

・オキシュン観た。観るたびにかっこ良くなっているような…。
・個性豊かなメンバーが揃って、一緒にツアー周って、田舎道でオキシュン号(ツアー車)がパンクしたので皆で押したりして、宿泊先でツイン予約したのに手違いでダブルじゃんとかゆって1つのベッドに2人で寝たりして、「好きな人いんの?」とかゆって、そんなこんなで息が合ってきたのかな。絶対違うな。

・マドラス観た。アンコールの曲中に橋本さんが客席に向かって指をさしたんだけど、その指の方向に偶然アホ面をブラ下げて立ってた俺はハッとなり、「もうコレはアタシのために歌っているということにする!!!」と思い決めてその夜はぐっすり眠れたとさ。

・ライブ終了。「美人って緊張するから嫌なんですよ」と言うマツモト氏(カイミーの人)が俺の隣で随分リラックスしたご様子である。おい。

・打ち上げに参加した俺は、橋本さんのお知り合いの馬の調教師の男性(初対面)にずっと励まされていた。俺のことを可哀相な寂しい独身女性だと判断したみたいで、「この中に意中の男性はいないのか」とか「オレが背中を押してあげるから勇気を出して」などと応援された。
・俺が「このまま独身を貫き、将来は老人ホームでモテるのが夢」という話をしたのがいけなかったのか。
・サクライ70歳が入居するやいなや、そのセクシーさに不能のジジイは朝立ち、寝たきりのジジイは上半身起こして乾布摩擦を始め、「ミスズ婆さんマジ天使」と囁かれるも、1年も経たぬうちにホームのジジイどもを片っ端から腹上死に追いやることからニックネームが「死神」となるのであった。(完)
10:09

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--